サッカー大国として知られているイタリア

サッカー大国として知られているイタリア

インテルのトップチームデビューを17歳にして果たしたバロテッリは、イングランドのマンチェスターシティ、そしてまたしてもイタリアのACミラン、とその後3つの強豪クラブをわずか6年で渡り歩いて来ました。ブラジル大会でブレイクをするのは実力に経験を加味して考えると、ブラジルのネイマールではなく、バロテッリなのでは?と予想を立てているマニアもわんさみたいです。

ブラジルでそんなイタリアが名誉を回復するための切り札が若きエース、マリオ・バロテッリデス。イタリアはブラジルに次ぐサッカー大国として知られてますが、世代交代にここ何年は失敗し、苦戦を強壮られています。

優勝候補にワールドカップでもイタリアを挙げるマニアはそこまで多くないでしょう。このように、高峻実力を持ち、豊富な経験を持つバロテッリですけど、その性格がウィークポイントです。

けれども、すでに多くの大舞台をバロテッリは味わってますので本来の持ち味をこころいくまで発揮出来るのではないでしょうか。何やかやとな大舞台に出場し、豊富な23歳という年齢からは考えられないほどの経験を持っています。

ワールドカップまでのこれからのわずかな期間で、人間的にバロテッリが成長することができるかどんなふうにかにイタリアの命運は握られていると言っても過言ではないでしょう。ピッチ内外での暴力行為、暴言、そして噂でマフィアとの関係も報道されるなど、カッサーノやルーニーを押さえてマフィアとの関係もサッカー界1のトラブルメーカーと呼ばれてます。

大きなプレッシャーともサッカー選手にとってこれ以上ナッシング舞台となるワールドカップでは戦わなければなりません。このプレッシャーに特別若々しい選手は潰されてしまう事も少なくありません。

イタリア代表にとっては監督やチームメイトとのトラブルも沢山ため、大きな武器であると並行して、不安材料としての一面を併せ持ち合わせています。


ホーム RSS購読 サイトマップ