ギャンブルを一種のビジネスとして考える

ギャンブルを一種のビジネスとして考える

ネットを使ってオンラインで取引するブックメーカーは日本にいても、違法とはなりません。そのため、プレイヤーが増えれば増えるほど胴元は利益が確定のメカニズムになってます。

一方胴元が運営費を回収せずにのブックメーカー方式は立場が対等な感じです。ですので、大半の人が、日本でもブックメーカーで賭けを楽しんでいるのデス。

ほぼ全てのスポーツとか、おおくの人から関心の壮大イベントまでブックメーカーは、広く賭ける対象があります。ギャンブルのビジネス的な視点で考察をとにかく深めていきましょう。

やっぱりその中でも、多くの人に人気なのがスポーツデス。そのために、結局のとこ胴元にプレイヤーはコントロールをされてるのみのつまらないゲームを遊ぶ事となります。

すべて日本の公営ギャンブルはパリミュチュエル方式により運営をされてます。そもそも、スポーツだけではなくオッズ対象が広く天気や選挙などもあるギャンブルに対してコントロールするなんて不可能です。

オッズをただ提示してなんとなく配当を設定するといったイメージでしょうか。胴元がゼッタイに損しないみたいにこの方式の持味は設計されている点です。

賭博は日本では法律で禁止をされてます。明らかなこのブックメーカーは賭博になりますので、違反行為となってしまいます。

とくに、支持をされており、どんな時でも人が世界のさまざまな場所で人気のスポーツは参加をしている状態なので、オッズの変化もタダならないものがあり、それは間違いなくエキサイティングなイメージを持ちます。プレイヤーがベットした全金額のうち払い戻し額が75%程度、それ以外はすべて胴元の運営費として回収をされます。

けれど、日本の国内にそれは限ることで、外国の法律に則って海外ではするので、海外の法律が優先されます。番狂わせが発生した際にそのため支払いができずに倒産するといったケースも昔はあったようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ